Ride for spooon

幾つになっても初めての場所や初めての人には緊張を持って臨むのは変わらない。それが自転車の場であっても、、、

ただ、自転車の場においてはあっという間にオープンになってしまうのも自転車の良いところだと思っている、

DSC016564月の平日の木曜日に臨時休業してシムワークスさんのライドイベントに参加してきた。集合場所に今回のガイド役であるジンさんが到着。顔を合わせてすぐに「あんたどこかでおうたなあ」と。色々なところに顔を出していると直接話した事がなくてもなんとなく覚えていたり、繋がったりする自転車の世界。
そういうところ、悪くない。じきにシムワークスの面々も到着し、そしてライドスタート。

B2D72891-8C47-4704-8702-8F1058D531AE-28313-000007543095CBEAまずは補給食のベーグル屋さん「あいうえお」へ、

img_0241

そこからトレイルへ向けて走り出す。先頭を走るジンさんがススっと下がってきて僕の肩に手を置いた。「並んで喋りながらトレイルまで行くのがこのローカル流なんや」
置いた手からその人のライドレベルを推し量るのはロードもMTBも同じ。びっくりしてブレが起きるようならその人の走りの芯はまだまだだし、全く動じずに流せるのであれば自転車の判断や操作全般がそれなりのレベルにある目安にもなる。僕たちはMTBの場合であれば走行中のタイヤ同士をゴリゴリと擦り付けたり路肩の段差で遊んでみたりでライドのレベルを測っていく。車の来ない裏道を繋ぎ、山の麓まで。

28B833B0-5578-48B9-B82C-DAE9B4AE508F-28313-00000754A9EE6839

img_0203まず、今日の一番の目的のグリーンウッドカービングのための木を調達。各自バックパックやキャリアに縛り付けて、今日のトレイルへ移動した。

トレイルの麓までついて各自のペースでピークへ向けて登り出す。

239F087F-9B72-4070-A310-FB3DF5B34B84-28313-00000755FE029CE8-2ガチなMTBからクロッサー、パスハンター的な自転車までバラエティに富んだ自転車とメンバー。

img_0208
自転車を楽しむスタイルも走力も何もかもが違うけれども今日のスプーンを作る目的とルートは同じ。

集団の一体感とともに山を登り、木を切って山を下る。ほんの少しのあぜ道でさえも未舗装路を繋ぎながら昼食とスプーン作りの場所へ。めちゃくちゃうまいマニアックなレストランでの昼食の後にお店裏庭でスプーン作り。

BE09495F-EBC3-4741-AD25-FFA5915FD2FD-28313-000007564ADF4628ジンさんの説明を受けながら各自黙々とスプーン作りを進めていく。太陽が低くなってきた頃にようやく皆のスプーンが完成。

FFEE4847-02A6-4A84-A684-47FC9BD0FC7A-28313-000007569E55DC3A

明るい光が落ちていかないようにスタート地点へ。ここでも並びながら各自色んな会話を交わしながら道と共に人と人をつないでいく。

DSC_6398人をつなぎ、地域をつなぎ、遊びをつないでいく、こんなライドの後に残るのは「また乗りたい気持ち」それだけでまた次のライドまでの日常を気持ちを下げずに過ごせそうな気がする。

ライドの先にある楽しさや自転車の楽しみ方を再確認した一日。
ガイドのジンさん、松坂トレイルのローカル、シムワークスのメンバー、四日市の茶輪夢の店長さん、新宮ローカル、みんなで出来たこの1日は自転車の楽しさを再確認出来た1日だった。みなさま一緒に遊んでいただいてありがとうございました!

最高!
動画はこちら

余談だけれども、このライドイベントも、シムワークスのもんじゃさんが自転車で新宮に来ていなければきっかけが無かったかも、、、という部分ではやはり自転車が人と地域をを繋げていくという、ただの物以上の力を備えていることを自転車で生きてきた僕は改めて確信できた1日となりました。
Photo by aya or monjya or 2komat or WHEELACTION

広告

感覚のすり合わせ

午前中の配達や作業の合間に少しずつ色々な事を進めている。
2019年はお店のリフレッシュをしたいと考えていて、店頭在庫の整理や模様替えなど、まず整理をするという事が必要な状況だ。自分の持っている機材の整理もその一つで、沢山ある自転車を少し整理したいなとも思っている。
 身体は一つなのに自転車が何台も?と自分でも思ってしまうが、
所有してある程度の時間を乗ってみないと各ジャンルでの乗る事や遊び方などのポイントが体感できず、その感覚を知らないまま商売として胸を張って販売できるのか?それはお客さんに対してどうなんだ?と自転車業界に身を置いてからずっと考え続けている。

展示会や出張、勉強会などで沢山の自転車に関わる人と会うが、この感覚を共有できない人の場合はやはりその根っこの部分で気持ちを交わすことができない気がする。
WA店頭での営業についても、来店くださるお客様との話の中でこうした各ジャンルの共有感覚を元にオススメの物を探したり、走りに行く話題に繋がって行く。
これはきっと自転車を乗らないお店の人には無理な部分だろう。

ライダーに寄り添えるお店であり続けたい。
それは開店以来変わることのない気持ちである。

 

 

WAが自転車でやりたい事

ブログ復活でしっかりと書いていこうと思っているので改めてWHEELACTIONが自転車でやりたい事を書いておこうと思います。
WAが自転車でやりたい事、実現したい事は「自転車で人生が充実する事」です。

年齢や性別、自転車のジャンルやライフスタイルを問わず自転車を乗る、出会う事で人生に張りややりがい、楽しさを見つけたり、人として成長できるきっかけを持ってもらいたいと考えています。
そのためには自分自身が自転車の楽しみ方を決めつけてはいけない。
「こうである」と考えすぎる事でその幅は狭くなっていきます。
写真はWAのお客様と遊んだり参加したり活動した日々。腰まで埋まる雪山ライドやママチャリでのヒルクライム、シクロクロスへの参加や、いつも行くトレイルの清掃活動やマルシェへの参加など一般のスポーツサイクルショップにありがちなレースや走行会・イベント参加からもっと幅を広げて楽しむために意識をしています。
色々な活動をする事で、交流する範囲も広がり、また色々な考え方とも触れ合うことが増え、
結果、人生が充実するヒントが自転車を介して見つかる。そういう自転車との付き合い方をサポートしていきたいと考えています。

自転車で楽しくなりたい方、どうぞお付き合いをよろしくお願いします。

ライドオンすさみ&てとてCAMP

IMG_8532

10月21日和歌山県すさみ町で開催された「ライドオンすさみ&てとてCAMP」に出店して来ました。

ライドオンの方は公式サイトにお任せしまして、
てとてCAMPはライドオンのスタートフィニッシュ会場がスタート後空になるので何か出来ないかと言うことで、WA的にもそこで何かする方が面白そうと思い、出店。

今回はCHROMEのBAG類の展示販売とBURLEYのチャイルドトレーラー「D-LITE」とトレーラー「TORAVOY」の試乗展示を行いました。
どちらもアウトドアーな方々には大変好評でまあまあの数の試乗体験もしてもらえ、
またライドオンゴール後の方にも沢山お話しができ、有意義な出店となりました。

また、てとてCAMP立案の「STOCK OUTODOOR」さんとも面白そうな話も出て、
自転車遊びの幅も広がりそう。

もっともっと「面白い自転車遊び」を提供していきたいです!!

 

 

サイクリストな繋がり

LCWA的な自転車遊びの目的地は「自転車で世界が広がる事」

そこを目標にお客さまや一緒に遊ぶ自転車仲間と活動を行なっています。

色々な活動の中でここ6−7年頑張っているのは地域外の自転車愛好者との交流。
内々におさまる、閉じ篭もる事は進歩や進化から離れるガラパゴス化にしかならないと考えているので、より外の人と色々遊びたいなと考えています。

そんな部分を目的としたサイクリストを繋げるLINK CYCLIST研究会(LC研)の活動も3年目です。今年は和歌山で開催。これも以前にこちらを訪れたたてりんさんご一行の強いリクエストがあったからこそ。それほどこの熊野地域は自転車を楽しむ資源はたくさんあるんだなと、外からの意見で実感させられます。

あと二週間楽しい一日にできるといいなあ。