地域と未来

昨日は三重県のCAZACLEサイクリングツアーサポートのお仕事でした。
地域を深く見ていく、、地域の時代背景や文化、また将来へと続く教育の面にまで
幅広い見方で地域に目を向けるサイクリングツアーの1日でした。
今日は研修的な要素もあったので通常とは違うスペシャルなツアーコースだった訳なんですが、個人的にはものすごく心に刺さるものがあって、

それは主に地域での教育の面なんですが、子供達に自己肯定感や地域愛を持たせるような活動内容があって、それを地域の大人達がしっかりと実行しているという所。

地元のある飲み会の場で地域のメンバーと話したのですが、
『地域の今は地域の大人の今までの活動の結果。これからの地域の結果は今の大人の活動の結果だよね。だから大人はしっかりと今活動しないといけないよね。』とアラサーの若者にポロっと口を滑らした手前、しっかりとどんな活動がそうなのかそれを話さないといけないなと半ば脅迫感に迫られてこれを書いています。
今回のツアーでわかったのは私財を投げ売って地域に用水を作った当時の大人、
そして、そんな地域をしっかりと伝えようとする大人、
そしてこれから大人になる若者、
地域がどうであるかを見越した目線で、きちんとバランスが取れた素敵な地域なんだなという事が改めてわかりました。そしてそれは我が町新宮でも
そういう方向に進まないと地域の未来は明るくないなあと。
サイクリング中に希望を持ったり無くしたりと忙しい心の揺れ具合だった訳で、、、、

やはり大人の当たり前な真剣な姿を見せないといけないなと強く思いました。
そうでないと地域には未来はないよね。。。あれ?政治的な内容含んでる?
いや、新宮市に思いを馳せているだけです。

子供から見てかっこいい、いい大人になれるように修行中です。

そして、それはサイクリングにおいてもそうで、
だれが見てもかっこいいというのは正義でもあり、
それは真っ当な走り方や考え方も含めた格好良さがベースで、ニッチな層だけがカッコ良いと思うのであれば、それは未来に向けてはあまり大きな意味をなさないのだろうな。と思ってます。

サイクリングの未来が今回のツアーに見えた気がしました。

 

広告

続:感覚のすり合わせ

続:感覚のすり合わせ。
乗る事の感覚も大事。作る事の感覚も大事。
自転車の活動でも、普段の生活の中でもDIYで制作するものが大変多い日常生活を送っている。溶接もするし木工もする、切削加工も、アイデアを形にすることも。
とにかく作ることでアイデアを実現させる難しさや、完成させることの困難さを体感している。自転車に例えるなら、フレームを作ったことが無いのなら、具体的に強度が必要な部分や全体のバランスなど見えずらいのではないか?金属を削った事がないのであれば素材の違いも分かりづらいのではないか?
そういう部分でもWAはメーカー側にも感覚をすり合わせて行きたい。自身で何かを作る事で、別の物の製作の意図も見えるかもしれない。
そういう目で「物」を見ていかないとユーザーに伝える部分は価格やスペックばかりでどれが本当に合うものであるかという答えに近づきづらいのではないか?
乗る事(体験する事)の感覚と作り手の感覚とのすり合わせを自転車を乗る人に近づける事ができればそれはきっと素晴らしい自転車体験に繋がるとWAは考えている。

1000トラの後の動けない苦しさや、山を登った後の充実感、自転車を思うように扱える一体感、パーツを変えることでの楽しみや、自転車を考える事、面白さに注力する事、
色々な自転車のあれやこれやを乗り手と共有できるお店でありたいと思う。
まだまだ追求は続く。

感覚のすり合わせ

午前中の配達や作業の合間に少しずつ色々な事を進めている。
2019年はお店のリフレッシュをしたいと考えていて、店頭在庫の整理や模様替えなど、まず整理をするという事が必要な状況だ。自分の持っている機材の整理もその一つで、沢山ある自転車を少し整理したいなとも思っている。
 身体は一つなのに自転車が何台も?と自分でも思ってしまうが、
所有してある程度の時間を乗ってみないと各ジャンルでの乗る事や遊び方などのポイントが体感できず、その感覚を知らないまま商売として胸を張って販売できるのか?それはお客さんに対してどうなんだ?と自転車業界に身を置いてからずっと考え続けている。

展示会や出張、勉強会などで沢山の自転車に関わる人と会うが、この感覚を共有できない人の場合はやはりその根っこの部分で気持ちを交わすことができない気がする。
WA店頭での営業についても、来店くださるお客様との話の中でこうした各ジャンルの共有感覚を元にオススメの物を探したり、走りに行く話題に繋がって行く。
これはきっと自転車を乗らないお店の人には無理な部分だろう。

ライダーに寄り添えるお店であり続けたい。
それは開店以来変わることのない気持ちである。

 

 

WAが自転車でやりたい事

ブログ復活でしっかりと書いていこうと思っているので改めてWHEELACTIONが自転車でやりたい事を書いておこうと思います。
WAが自転車でやりたい事、実現したい事は「自転車で人生が充実する事」です。

年齢や性別、自転車のジャンルやライフスタイルを問わず自転車を乗る、出会う事で人生に張りややりがい、楽しさを見つけたり、人として成長できるきっかけを持ってもらいたいと考えています。
そのためには自分自身が自転車の楽しみ方を決めつけてはいけない。
「こうである」と考えすぎる事でその幅は狭くなっていきます。
写真はWAのお客様と遊んだり参加したり活動した日々。腰まで埋まる雪山ライドやママチャリでのヒルクライム、シクロクロスへの参加や、いつも行くトレイルの清掃活動やマルシェへの参加など一般のスポーツサイクルショップにありがちなレースや走行会・イベント参加からもっと幅を広げて楽しむために意識をしています。
色々な活動をする事で、交流する範囲も広がり、また色々な考え方とも触れ合うことが増え、
結果、人生が充実するヒントが自転車を介して見つかる。そういう自転車との付き合い方をサポートしていきたいと考えています。

自転車で楽しくなりたい方、どうぞお付き合いをよろしくお願いします。

WHEELACTION書籍販売開始します。

img_8807

 この度、WAでは書籍販売をスタートしました。自転車屋でなぜ書籍販売なの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、そこに対する思いを少しだけ。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きなきっかけは子供ができたこと。

この子が大きくなった頃、この地域はどんなだろう?そう想像した時に、地域に明るい要素は多くないように思います。お店の経営や色々な人との会話を通じてここ数年感じるのは購買行動を通した価値観の変化。

昔よりもコミュニケーションが減っているのかな?淡白な感じ。

お店に来られる方も、下調べバッチリで、何とかというブランドの何とかをください。とそんな感じで来店されます。そこで色々な話に展開して根掘り葉掘り聞いて本当にそれがベストなのか、または別のもっと良いであろう物があるのか、そんな所を考えながら店頭での接客をしています。しかし、一通りの接客の後で「ネットで聞いてきます」と言われることがやや増えました。目の前のプロの意見よりもネットの意見やユーチューバーブロガーの意見が大きいようで昔ながらの人と人のやりとりが「物を買う、売る際」の面白い部分と思っている自分としてはなんともな感じ。

話は変わって、この地域でも当たり前のようにネット通販が購買行動のある程度の部分に入ってきました。日用品、消耗品、書籍などネットで買えるものはたくさんあります。食品と違い鮮度に関係ないそれらを扱うお店は、影響を受けて僕が若い時代よりも目に見えて少なくなりました。書店もその一つのジャンルで今残っているのは大手チェーンの二軒と個人の所が一軒、チェーンのお店は売れてるものだけ置いているのがほとんどで、本を探して何時間もいる事はありません。

そうなってくると面白い(考えや意見)も目につくことも少なくなって行きます。

どちらも情報や考え方の入手経路が狭い方向に向かってしまい、色々な考えがあるから面白い部分という所から離れていってますね。田舎だから、人が少ないから面白い事にたどり着かない。それは避けたい。これが子供の世代まで続いて行くかもしれない事に危機感を覚えます。

ある本の中のインタビューで、「その街の書店の数が文化の度合いに反映される」とありました。書店が減っている今、色々な意見を聞ける、見える方法の一つとして書籍を使いたい。

書籍販売を通して地域での多様性をもう少し意識してもらいたい、それが書籍販売に繋がった理由です。
 WAで扱う書籍は人が主役な書籍が多いです。人が何を考え、行動したか。「つまり人を大事にする事を価値観として」広げたい。それが地域が(大きな意味で)衰退していかないようにする一つの仕掛けでもあると考えます。地域が閉じていかない事、外の意見を見る事、色々な事に触れる事、それがつまり、地域が踏ん張る事にもつながる。そして面白い自転車の遊び方につながる。そう信じています。

キーワード「ローカルファースト」「多様性」「エコーチャンバー」「地域」「自転車」

サイクリストな繋がり

LCWA的な自転車遊びの目的地は「自転車で世界が広がる事」

そこを目標にお客さまや一緒に遊ぶ自転車仲間と活動を行なっています。

色々な活動の中でここ6−7年頑張っているのは地域外の自転車愛好者との交流。
内々におさまる、閉じ篭もる事は進歩や進化から離れるガラパゴス化にしかならないと考えているので、より外の人と色々遊びたいなと考えています。

そんな部分を目的としたサイクリストを繋げるLINK CYCLIST研究会(LC研)の活動も3年目です。今年は和歌山で開催。これも以前にこちらを訪れたたてりんさんご一行の強いリクエストがあったからこそ。それほどこの熊野地域は自転車を楽しむ資源はたくさんあるんだなと、外からの意見で実感させられます。

あと二週間楽しい一日にできるといいなあ。